banner

ものはみな、いつかは失われる…

全問の「一番興味がある」のはバリ島ですが、「体験した思い出やエピソード」となると、数回のバリ旅行の中で、足を伸ばしたボロブドゥールでの体験です。インドネシアの旅では、いつでも夕陽の壮大さに言葉を失います。バリの夕陽はオレンジ色で、思いっきり気持ちが広がる感じがします。それはそれで素晴らしいのですが、ボロブドゥールで体験した夕陽は濃いピンク、マゼンタでした。これはほんとうに未知の体験で、話に聞いたこ...

続きを読む

日本の政治家や役人は国民をバカにしている

長い都会暮らしを止めて亡父の遺した山里山荘に暮らし始めてそろそろ1年、引っ越し当初はやたら都会の利便性ばかりが懐かしく思われたものだが、最近は昔の日本人なら皆そうだったと思われる雨天精読の暮らしをする地元の人たちとの交流を通して、大袈裟に言うなら、無い物を欲しがるのではなくある物に感謝しつつどうしても必要ならば創意工夫で作り上げる暮らし、自然の恵みや厳しさと上手に折り合いを付けつつそれを享受する心...

続きを読む

私がリフォームをするとしたら

勤めている会社の社屋をリフォームした際に実際体験したことですが、ドアの取っ手部分のネジがゆるくて初めからガタガタしていたり、トイレの排水溝にお寺の鐘のようなフタがかぶせてなくて下水から虫が飛んできたりしました。/忙しくて作業員の方がうっかりチェックし忘れたのかな〜と思い、特に工務店に報告はしていません。排水溝のフタは設置してもらいましたが。/些細なことなのですがドアのネジをドライバーでしめながら、...

続きを読む

血管の縫合と技術

心臓冠動脈バイパス手術を受けた時のことですが、人工心臓を使わずクリップで動脈を挟んだ状態で血管を縫合していただきました。人工心臓を使うことは血栓ができやすく、その血栓が脳に飛ぶことがあるそうです。天皇陛下が心臓の手術を受けられましたが、担当された医師も日本を代表する心臓外科医でいらしゃいました。私の担当して下さった医師もまた心臓外科医として著名な方でした。まだ日本で受け入れられない手術の方法の確立...

続きを読む

ネットでの物件探し

前回4年前に物件探しをした際、本当に数多くの不動産屋をまわりましたが、とにかく早く契約をとりたいとやっきになってこちらのことを真剣に考えてくれない不動産屋や、連絡待ちで帰ったのに調べることも忘れていた不動産屋、いろいろでした。そんな中、こちらの希望の物件をすこしでも早く見つけようと一生懸命探してくれ、物件を見に連れて行ってくれた際は一件でも多く回れるようにとあちこちで走り回って汗だくになって頑張っ...

続きを読む

リフォームしたガレージ

20年以上たつ我が家は次々に補修が必要になってきている。外壁の塗り替えや室内の壁紙の張替え、水周りのリフォームなど。子供の教育費が要らなくなって、多少の余裕が出てきた我が家。家の顔である玄関周りは、大切なところであります。最近の建売などを見ると〜ヒルズとかお洒落な名前をつけられて門扉やフェンスの無い家並みも多いです。しかし、ガレージと門扉やフェンスは防犯上も必要だと思います。それで最近最後のリフォ...

続きを読む

私の家

自分の家を持つのは急がないことに決めていた。家を持つメリット、デメリットを比べるとデメリットのほうが大きいような気がしたからだ。マイホームは美しい。しかし、美しいものを手に入れるリスクをきちんと考えなければいけない。収入に見合ったローンを組む。ローン返済を絶対完結できるのか。収入が万が一途絶える、あるいは減少することだってありえないことではない。「そんなことを考えていたら、家なんか建たない」とのあ...

続きを読む

美しい風景に魅せられて

以前イタリアのローマとフィレンツェに旅行した。まず驚いたのは街全体が美術館のように感じられたことだ。日本のように雑多な建物が混在し宣伝物が街を汚しているのとは違い、古い建物を保存しながら街並みを美しく保っている風景に感動した。フィレンツェに行くバスの中から見る風景も、緑の中に赤い屋根の家が所々に見えるという、まさにアニメや童話で見た風景そのものだった。ヨーロッパはどこに行っても多分このような美しい...

続きを読む

砂風呂とそのあとの入浴

ツアーで九州の指宿にいったときのこと。宿泊のホテルには砂風呂がなくバスで砂風呂に行った。到着し浴衣に着替えて砂場に横になった。そこへ砂をかけてくれる。15分以上になると熱くなるのであまり長い時間はよくないといわれた。。たっぷり砂をかけてもらい目を閉じた。砂が暖かくて気持ちがいい。海の波の音が聞こえてそれも夢へいざなう。ツアーで時間に制限がある。でも気持ちがよくて砂から出たくない。これなら1時間でも...

続きを読む

退職したらどちらを選ぶか

夫が再雇用が終了、このまま継続して保険料を会社へ支払うか、国民健康保険に変更か考えるところでした。病院通いも増え、どちらが有利なのか悩み所で、仕事そういった関係の部署にいる妹に相談したところ、厚生面で有利なほうは会社の保険だと思うといわれましたが、毎月の支払いは国保の方がわずかですが安く、結局、今後の収入を考え、国保にしましたが、果たしてこの選択でよかったかの重いが残りました。色々な制度があります...

続きを読む

1

ピックアップ